「正義感」と「偽物の人」に注意! SNSを居心地のよい場にする方法

<好きなのに、必要なのに、SNSに疲れていないだろうか。ツイッターやフェイスブックを「居心地のよい居場所」にするには、いくつかのコツがある>

今ではネットワークづくりやコミュニケーションのツールとして、ツイッターやフェイスブック、LINEなどのSNSを全くやらない人を見つけるほうが難しい。しかし、ネットでのコミュニケーションで無理をしているというような「SNS疲れ」を感じている人もいるのではないか。

だからと言って「じゃあ、SNSをやめればいい」と簡単に言えるものでもないだろう。プライベートでも仕事でも、SNSがないと支障をきたすという人は少なくないし、多くの人にとってSNSは「居場所」の1つでもあるからだ。

生きていくためには、人間関係で悩む必要がない、居心地のよい居場所が必要だ。それはリアルな場であろうがSNSであろうが関係ない。そして、そんな居場所を確保するためのコミュニケーション方法は「インプロ」を通して学ぶことができる――。

そう主張するのが、『自分の居場所はどこにある?――SNSでもリアルでも「最高のつながり」の作り方』(CCCメディアハウス)の著者、渡辺龍太氏だ。

放送作家であり、インプロのワークショップを全国各地で開催するコミュニケーション術の「伝道師」でもある。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)