トランプ対中関税の副産物?人民解放軍の軍備増強がスローダウン

<2030年までに4つの空母打撃群を運用することを目指す中国だが、追加関税によるコスト高騰で節約モードに>

ドナルド・トランプ米大統領は、不公正な貿易慣行で米企業に損害をもたらしているという理由から、中国製品に追加関税を課してきた。そのやり方がどれほど効果的なのかはまだわからないが、複数の報道によれば、人民解放軍(PLA)の海軍が困りはじめているという。一連の追加関税による調達コストの上昇で、艦隊の増強が計画通りに進まなくなっているというのだ。

香港紙サウスチャイナ・モーニングポストによれば、中国のある軍関係者(匿名)は次のように語った。「米中間の緊張が高まっていることから、中国政府の指導部は、新たな戦艦の建造に使うカネはなるべく倹約しなければならないと感じはじめている」

中国海軍はこの数年、猛スピードで増強してきた。中国政府が主張する南シナ海の領有権を守り、米海軍と張り合うために、空母2隻をはじめとする最新型の艦船を次々と建造している。

米シンクタンク戦略国際問題研究所によれば、2018年時点で中国海軍が保有する艦船は300隻と、米海軍の287隻よりも多い。もちろん、空母打撃群を有するなど実力ではまだ米海軍のほうがはるかに強いのだが。

南シナ海と台湾で睨み合い

中国海軍と米海軍は、中国がほぼ全域で領有権を主張している南シナ海でにらみ合いを続けてきた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)