フルタイムで働いても非正規では大半がワーキングプアなのが日本の現実

フリーランスも半分近くがワーキングプアとなっている。

参院選のポスターで「1日8時間労働で普通の暮らしができる社会を」と訴える候補者がいたが、今の日本はそれには程遠い。だからこそ、このようなフレーズに訴求力が感じられるのだろう。



他の国はどうか。OECDの国際成人力調査「PIAAC 2012」では、各国の成人に労働時間と年収を尋ねている。年収は「有業者全体の中でどのあたりと思うか」を問う形式で、認知の歪みの影響が出るが、参考にはなるだろう。週35〜45時間働く労働者を取り出し、年収の回答分布をグラフにしてみた<図2>。ジェンダー差も見るため、男性と女性で分けている。



青色は年収が下位25%未満と答えた人の割合だが、日本はこのゾーンが広い。女性では半分を超えており、<図1>の所得分布の結果とも符合する。お隣の韓国も似たようなタイプだ。

対して欧米諸国では、オレンジ色の中間がマジョリティとなっている。明瞭なジェンダー差もない。週35〜45時間、普通に働けば普通の暮らしができる社会と言える。日本や韓国に比べて、その実現の度合いが高いのは確かだろう。

為すべきは最低賃金の遵守、いや引き上げだ。今回のデータを見ると、「最低賃金1500円を」という呼びかけにも合理性があるように思えてくる。

関連記事(外部サイト)