フルタイムで働いても非正規では大半がワーキングプアなのが日本の現実

それでは会社がもたないというなら、BI(ベーシックインカム)による補填を考えてもいい。

AIやICT技術の進歩により、1日8時間労働で事足りる時代はすぐそこまで来ている。それにもかかわらず、現状が追い付いていないのは、働き方に無駄があること、富の配分に偏りがあることによる。これらを正すだけでも、状況はだいぶ好転するのではないか。

<資料:総務省『就業構造基本調査』(2017年)、
    OECD「PIAAC 2012」>








舞田敏彦(教育社会学者)

前へ 1 2 3

関連記事(外部サイト)