日韓、香港、米中......あなたも世界の動きと無縁ではない。トランプの嘘とも

<遠い世界の出来事に思えた「国際情勢」が、あなたの夏の旅行にまで影響する――そんな時代になった。そうは言っても、海外のニュースなんて難しくてよく分からないという人は、まずは登場人物を知ることから始めればいい>

あいちトリエンナーレをめぐる騒動や自民党議員・小泉進次郎の結婚、NHKから国民を守る党の「場外戦」など、さまざまなニュースが行き交うこの夏、2つの国際ニュースが注目を集め続けている。日韓の対立と香港のデモだ。ネットでもテレビでも、連日のようにトップニュースとなっている。

日韓関係と香港情勢、それに昨年から継続する米中貿易戦争もそうだが、これらはシンプルな現実を日本人に突き付けている。それは、日本人の生活も国際情勢と無縁ではいられないという現実だ。現に、報道によれば、行楽シーズンにもかかわらず、日本から韓国・香港への旅行にキャンセルが相次いだという。実際、香港では空港閉鎖まで起こっているのだ。

当然だと考える人もいるだろうが、「国際情勢なんて難しくて、自分にはよく分からない」と思っている人は珍しくない。だが、プライベートでも仕事でも、不利益を被る可能性だってあるのに、「難しい」で敬遠してしまっていいのだろうか。

確かに、国内のニュースに比べれば取っつきにくさはあるかもしれない。しかし、テレビのコメンテーターとしても活躍するお笑い芸人のパックン(パトリック・ハーラン)によれば、国際情勢を理解するにはまず「登場人物」から始めればいい。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)