世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

悔しそうだったな」



成長したオオカミは、群れに残ってアルファ(群れの最上位オオカミ)に従って生きるか、自分の群れをつくるかを選ぶ。後者の場合はアルファに戦いを挑むか、さもなければ群れを離れて伴侶と縄張りを探す旅に出る。

OR-7は遍歴の道を選んだ。たいていの雄は160キロ程度のところまでしか行かないが、彼は2歳の時点で1000キロ以上も移動していた。どこかにとどまることもできたはずだが、彼は旅を続けた。

野生動物の常として、オオカミにとっても「種の保存」は至上命題だ。OR-7は移動経路に尿でマーキングをし、時々引き返しては自分の匂いの上に雌の匂いがないかを確認していた。だが、つがいとなる雌はなかなか見つからなかった。

OR-7が新たな土地に移動するたび、その様子は報道や彼を追跡する団体の通知メールで詳しく伝えられ、彼のファンが増えていった。ゴシップ紙に取り上げられたこともある。

生物多様性センターのアマロク・ワイスはOR-7の「スリル満点の」旅をカリフォルニア州から追っていた。01年にシスキュー郡議会が、オオカミが郡に入るのを「禁止」する決議を採択しようとしたときには、議会とやり合った。「勝手にすればいいが」とワイスは議員たちに言った。「オオカミにそんな決議は聞こえない。

関連記事(外部サイト)