世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

群れはOR-7の拠点とするローグ川・シスキュー国立森林公園にちなんで「ローグ・パック」と呼ばれた。





OR-7とその群れが縄張りとしているローグ川・シスキュー国立森林公園のナショナルクリーク滝 LOWELLGORDONーE+/GETTY IMAGES


15年に発信機の電池が切れるまでに、OR-7は2000キロを旅していた(今では8000キロを超えていると推定される)。その終わりなき遍歴の意味は今も分かっていない。

米議会は11年、共和党議員や牧場主からの苦情を受けて、アイダホ州、モンタナ州、ワシントン州東部とオレゴン州、ユタ州の一部地域で連邦法によるオオカミ保護を打ち切った。12年には米魚類・野生動植物局が五大湖西部地域とワイオミング州のオオカミを保護リストから外し、翌年には本土48州でオオカミ保護の打ち切りを提案した(アリゾナ州とニューメキシコ州のメキシコオオカミの一部は対象外)。

「今も連邦法でオオカミが保護されている州は42〜45ある」とワイスは言う。「だが一定の生息数が確認されているのは6州のみで、うち3州の生息数はごくわずか。カリフォルニア州で確認されている群れは1つだけだ」。これで法的な保護が廃止されたら、もはやオオカミが「生存に必要な個体数を回復することは不可能になるだろう」とワイスは訴える。

関連記事(外部サイト)