「世界一セクシーな男」が次にやりたいのは恋愛コメディー



***


――ルーサーを演じる上で一番楽しいことは何か。

複雑なキャラクターであること。自分の演技力をフルに駆使しなくてはいけない。ルーサーは知的だが、直感的でもあり、肉体派でもある。大局的な思考ができて、「このやり方でいくぞ」と決めたらブルドーザーのように突き進む。自分の決断を疑うことがなく、実際それが正しいことが多い。とにかくダイナミックな人物なんだ。その一方で、バットマンのようにダークな側面を内に秘めている。

――第5シーズンの見どころは?

第4シーズンから間があいたから、まずは楽しみに待っていてくれたファンにお礼を言いたい。新シーズンもとてもダークなドラマになっているから、それを存分に楽しんで、しばし現実を忘れてほしい。映画も応援してほしいね。映画化の可能性があるんだ。

――あなたはこれまでいろいろな役を演じてきた。

「この役をイドリス・エルバがやるのか?」とみんなが驚くような役を演じるのが好きだ。自分の異なる側面を見せられるような役だね。いい奴が悪いことをしたり、悪い奴がいいことをしたりする複雑なキャラクターが好きだ。いつも同じような役は引き受けたくない。

――まだやったことがなくて、トライしてみたい役は?

純粋なロマンチック・コメディーをやってみたい。

関連記事(外部サイト)