アメリカ人の半数近くは「パンツを2日以上履いてます」



同社は、パンツは洗濯した後でも多くて1万個のバクテリアがまだ付着している可能性があると指摘。使用する期間が長くなると、それだけ微生物やカビなどの真菌類が下着に蓄積していくため、半年から1年で捨てた方がいいと述べている。

「パンツが500円で買えるにはワケがある」

しかしこれは下着メーカーの言い分なので、下着の販売増を狙っての発言では?と思ってしまうところだ。そこで調べてみたところ、どうやらきちんと洗濯しても、古い下着を使い続けているとやはり不衛生なようだ。



女性誌「グッド・ハウスキーピング」によると、着用済みの下着は、尿路感染症や大腸菌症、カンジダ症などを引き起こすバクテリアの温床となってしまう。洗濯ラベルに表記された中でもできるだけ高温で洗濯し、毎年買い換えるよう促している。

一方で産婦人科のトシャ・ロジャース医師は、米女性誌「エッセンス」に寄稿した記事の中で、「下着の衛生面に関する話は、これまで長いこと無視されてきた」と指摘。

パンツは6〜9ヵ月で買い換えるようアドバイスしている。というのも女性の場合、下着に付着した分泌物により、下着を脱いでから洗濯するまでの間に、カビやイースト菌(膣カンジダ症を引き起こすもの)、バクテリアなどの層がクロッチ部分にできてしまうというのだ。

関連記事(外部サイト)