一部屋を上下2部屋に違法改築、住人は立てずに生活(NY)

<貸すほうも貸すほうなら、借りるほうも借りるほう。しかも、アパートのトンデモ改造はこれだけではなかった>

ニューヨーク・マンハッタンのロウアー・イーストサイドにあるアパートの所有者が、一つの部屋を上下2階に分ける違法改築をしていたことが発覚した。報道によると、所有者は壁を追加して部屋を仕切るのではなく、「天井を追加」して立つこともままならない上下階に分けていたという。

天井の高さはわずか4.5フィート(約137センチメートル)。部屋を借りていた9人の住人は、身をかがめるか、膝をついて歩いていた。天井の配管に住人が頭をぶつけないよう、気泡シートを張っていたともいわれる。

ニューヨーク市建築局は8月17日、ヘンリー・ストリート165番地にあるアパートの701号室の登録所有者ジン・ヤー・リンに対し、10件の違反を通告した。ニューヨーク・ポスト紙によると、ジンがそのユニットを購入したのは2015年9月。購入時にいくら支払ったかは不明だが、住宅ローンの残高はわずか9622ドルだったという。

<参考記事>「家賃はセックスで」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

まるでフィクション

天井の低い部屋と聞くと、映画『マルコヴィッチの穴』(7階と8階の間にある「7と2分の1階」の天井の低い部屋で働く主人公が、俳優ジョン・マルコヴィッチの頭のなかに入り込むという奇想天外な物語)を思い浮かべるが、ヘンリー・ストリート165番街のアパートを2階建てに改造していたのはジンだけではない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)