上場以来の最安値、ウーバーの経営が迷走する理由

ウーバーは10年前にサンフランシスコで生まれたばかりだが、今は世界60カ国以上で事業を展開している。

<本誌2019年8月27日号掲載>

【参考記事】愛人とウーバー車に乗ったら運転手は夫だった! ウーバーで不倫は要注意
【参考記事】ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかねないか


※8月27日号(8月20日発売)は、「香港の出口」特集。終わりの見えないデモと警察の「暴力」――「中国軍介入」以外の結末はないのか。香港版天安門事件となる可能性から、武力鎮圧となったらその後に起こること、習近平直属・武装警察部隊の正体まで。また、デモ隊は暴徒なのか英雄なのかを、デモ現場のルポから描きます。



ウェスリー・ドカリー

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)