VR体験は、鎮痛薬の使用を減らせる可能性がある

<VRの没入感を利用して、痛みの緩和などの医療目的で利用する試みが増えている......>

VRヘッドセットを装着したことはあるだろうか? 最初は違和感があっても、慣れてくると奥行きのある広大な空間に自然と没入でき、例えば海中遊泳では近づいてくるサメを思わず本気でよけてしまうようになる。

この没入感を、恐怖症の治療や痛みの緩和などの医療目的で利用する試みが増えている。VR体験が疼痛軽減の効果的な戦略になり得ることを示す研究結果が8月14日、査読付き科学メディアPLoS ONEで公開された。

VR体験は、テレビの視聴よりも約3倍痛みを軽減する

米カリフォルニア州ロサンゼルスのシーダーズ・サイナイ・ヘルスサービス・リサーチのブレナン・スピーゲル医師が発表した論文「Virtual reality for management of pain in hospitalized patients: A randomized comparative effectiveness trial」(入院患者の疼痛管理のためのVR:ランダム化比較試験)によると、VR体験は、テレビの視聴よりも約3倍痛みを軽減するという。

スピーゲル氏は、「心が没入型の体験に深く関わっている間、それ以外の刺激を知覚することは難しくなる」と書いている。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)