カシミールを襲うインドの植民地主義



From Foreign Policy Magazine

<本誌2019年8月27日号掲載>

【関連記事】インドのカシミール「併合」は、民族浄化や核戦争にもつながりかねない暴挙
【関連記事】不寛容な排他主義:カシミールの自治を剥奪したモディには「裏の顔」がある


※8月27日号(8月20日発売)は、「香港の出口」特集。終わりの見えないデモと警察の「暴力」――「中国軍介入」以外の結末はないのか。香港版天安門事件となる可能性から、武力鎮圧となったらその後に起こること、習近平直属・武装警察部隊の正体まで。また、デモ隊は暴徒なのか英雄なのかを、デモ現場のルポから描きます。



ニタシャ・カウル(英ウェストミンスター大学准教授)

前へ 1 2 3 4 5 6

関連記事(外部サイト)