香港デモと中国の対立が台湾に飛び火、三つ巴の緊張関係に

<台湾の蔡英文総統は、香港デモ参加者の亡命を受け入れたい考えだが、中国がそんなことは許さない>

香港でデモが続くなか、台湾政府が香港のデモ参加者に対して政治的な庇護を与える方針を示し、中国の共産党当局が反発している。

6月から始まった香港の抗議デモは、今もほぼ毎週末ごとに街を揺さぶっている。デモのきっかけは、犯罪容疑者となった香港市民の中国本土への引き渡しを認める「逃亡犯引き渡し条例」改正案。それが通れば、何かの犯罪事実をでっち上げて自分も中国当局に引き渡されかねないと、若者たちが立ち上がった。

<参考記事>中国に特攻できる自爆ドローンなど、加速する台湾の武器開発

7月になると、台湾の蔡英文総統が「香港の友人たち」に、人道的見地から亡命の受け入れを検討すると示唆した。

台湾の市民も香港デモを支持 AFP


台湾の「香港マカオ関係条例」は、「政治的理由により、安全や自由に関して差し迫った脅威にさらされている香港あるいはマカオの住民に対して、必要な支援を提供するものとする」と定めている。

中国政府の国務院台湾事務弁公室の馬暁光報道官は8月19日、台湾総統によるこの申し出を批判した。

「台湾与党の民主進歩党(DPP)は事実から目を逸らし、正邪を混同することで、香港における少数の暴力的過激派による犯罪行為の隠蔽に手を貸し、香港を混乱に陥れる彼らの行為を助長した。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)