今の韓国との関係は45年前の危機に比べればまだコントロール可能

<金大中拉致から朴正煕暗殺未遂へと続いた流れで対日不信が高まった、74年当時の日韓関係を振り返って見ると......>

日韓関係が悪化しています。日本や韓国の多くのメディアは、日韓関係は最悪だという表現をしていますが、私は少し違うと思います。45年前の1974年に日韓が陥った状況は、この程度のものではありませんでした。

今回の危機は、いわゆる戦後補償の請求権の問題に始まり、それが貿易手続きの問題、さらには安全保障の問題と論点が重なってきています。その点だけ見れば、関係の悪化が深まっているように思われますが、74年の場合は違います。論点が重なったのではなく、関係を悪化させる事件が3つ重なり、そのために両国関係が完全に立ち往生したというのが74年の状況でした。

事件の1つ目は、その前年、1973年8月8日に発生した金大中事件でした。後に韓国大統領となって通貨危機を収拾することになる金大中は、この時47歳で野党のホープでした。軍事独裁政権を率いていた当時の大統領朴正煕は、1971年の大統領選挙で自分に対して猛追した金大中の存在に危機感を抱いていました。そこで、東京九段のホテルに滞在中の金大中を拉致し、殺害には失敗したもののソウルの自宅に軟禁したのです。

当時の日本の世論、特に左派の世論は朴正煕の軍事独裁政権を批判し、反対に金大中を民主化闘争の闘士として応援していました。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)