危険増す香港デモ 天安門事件の「戦車男」を彷彿とさせる瞬間

<警察官が丸腰の男性に銃口を向ける写真がまるで、天安門事件で戦車の前に立ちはだかった「戦車男」の男性のようと話題に>

香港のデモを撮影したある写真が、1989年の天安門事件を象徴する「戦車男」の写真を彷彿とさせると話題を呼んでいる。

米ニューヨーク・タイムズ紙の取材でカメラマンの林亦非が撮影した問題の写真は、暴動鎮圧用の武装をした警察官が道路の真ん中で、丸腰の男性に銃口を向けている瞬間だ。男性は片手に傘を握り、両手を広げて立っている。

Different Places. Same Tactics. Two Heros.Tank Man (Tiananmen Square, 1989)Pistol Man (#HongKong, 2019)#Chinazi #Chinazism #HongKongProtests pic.twitter.com/rtFElQ5hAq— (@kpspan) 2019年8月26日


写真は8月25日夜、香港のセン湾地区で警察とデモ隊が衝突した際に撮影された。この時、警察官1人がデモ隊を威嚇するために空に向けて発砲したと報じられている。オンライン新聞の香港フリー・プレスによれば、約12週間前に始まった一連のデモで実弾が発砲されたのはこれが初めてだ。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)