日本が『極東の小国』に落ちぶれる可能性 民主党への政権交代で政策連続性を失う

日本が『極東の小国』に落ちぶれる可能性 民主党への政権交代で政策連続性を失う

記事まとめ

  • 日本はこのままでは『極東の小国』に落ちぶれると日本総研の研究員が指摘している
  • 日本とスウェーデンは辿った経緯で共通点が多いが、経済パフォーマンスは対称的らしい
  • 民主党政権で政策連続性を失い、自民党に返り咲き民主の成果もなし崩しになったという

日本が「極東の小国」に落ちぶれる現実度

日本が「極東の小国」に落ちぶれる現実度

北欧のベニスとも呼ばれるストックホルム。滞在したホテルからの対岸(エステルマルム地域)の眺望(筆者撮影)

日本はこれからどうなるのか。日本総研の山田久主席研究員は、「過去の蓄積とそれなりの規模の経済であることに安住しているが、このままでは『極東の小国』に落ちぶれるだろう」と指摘する。参考になるのは北欧のスウェーデンだ。「われわれにはグローバル化を所与とする国民的コンセンサスがある」。その覚悟で進めてきた改革の中身とは――。■リーマンショック以降も高い経済パフォーマンス

ストックホルムは「北欧のベニス」とたたえられ特に5月から6月にはからっとした晴天に恵まれる日が多く、街並みがきらきらと水面に映えて美しい。「われわれにはグローバル化を所与とする国民的コンセンサスがある」――。本稿を書きながら、約十年来の知己であり今回訪問時にもヒアリングに応じてくれたフレドリック・ヘイマン氏の言葉を思い出した。

私は労働市場改革を中心に据えた日本経済の再生をテーマに調査提言活動を行っているが、約10年前に北欧モデルのユニークさを知ってから、すっかりそのファンになっている。とりわけ、リーマンショック以降のスウェーデンの経済・雇用のパフォーマンスは傑出しており、実はこのところ、多くの「ユニコーン企業」を輩出していることでも注目されている。

今回現地調査の目的の一つも、そうした同国の産業活動の高パフォーマンスの秘密を探ることにあった。ここで興味深いのは、実はそのスウェーデンも1990年代から2000年代前半にかけて厳しい経済状況に苦しみ、さまざまな構造改革に取り組んできた経験を持つことだ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)