酷暑でも"屋外学習"を強行する学校の論理 なぜ痛ましい事故が起きるのか疑問の声も

記事まとめ

  • 愛知県豊田市で「虫捕り」の校外学習をした直後に小学1年生の男子児童が熱中症で死亡
  • 学校は、酷暑のなかで部活動や体育を行い、熱中症や脱水症状に陥ることがたびたびある
  • 背景に学校教育がもつ「ベネフィット」と「リスク」の価値観が大きく影響しているそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております