「マスゴミ批判」だけでは何も変わらない

「マスゴミ批判」だけでは何も変わらない

1989年1月、首相官邸での記者会見で新元号「平成」を発表する小渕恵三官房長官(当時)。(写真=時事通信フォト)

今上陛下の「退位宣言」によって、来年4月30日に終わることになった「平成」という時代。バブル崩壊や湾岸戦争とともに幕開けし、ネットにおける左右対立の激化の中で終わろうとしているこの30年間は、振り返ればどんな時代だったのか。作家で近現代史研究者の辻田真佐憲氏は、「一言で言えば、アンチばかりの時代」と語る。政治学者の藤井達夫氏とともに読み解く、「平成」であらわになった日本社会の問題とは――。※本稿は、藤井達夫『〈平成〉の正体 なぜこの社会は機能不全に陥ったのか』(イースト新書)の一部を再編集したものです。

■平成を前半と後半に分けてみる

【藤井】辻田さんは著書に『日本の軍歌』『大本営発表』(幻冬舎新書)や『空気の検閲』(光文社新書)などがあり、戦前の文化と政治との関係について意欲的に研究されていらっしゃいますよね。辻田さんは「平成」の時代をどう捉えていますか。

【辻田】一言でいえば、アンチばかりの時代でしょうか。「平成の終わり」といっても単に天皇が老齢で譲位するだけですから、時代の区切りとしてそれほど大きな意味はありません。とはいえ、平成を前半と後半とに分けてみると面白いことがわかります。

まず平成前半では、バブル崩壊と湾岸戦争がほぼ同時期です。その後、Google(1998年)と2ちゃんねる(1999年)が誕生しました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)