"不倫・駆け落ち"した女性が魅力的なワケ

"不倫・駆け落ち"した女性が魅力的なワケ

中野京子「美貌のひと 歴史に名を刻んだ顔」(PHP新書)の表紙カバーは、イワン・クラムスコイ作 (Ivan Kramskoi 1837‐1887)の「忘れえぬ女」

なぜ私たちは謎めいた女性に目を奪われてしまうのか。たとえば「北方のモナリザ」とも言われる肖像画「忘れえぬ女」。このモデルはトルストイの名著『アンナ・カレーニナ』に登場するアンナではないかという説がある。作中のアンナは悲劇的な不倫の結果、命を落とす。作家で独文学者の中野京子さんは「アンナは架空の女性だが、この2つの作品には多くの共通点がある」と論じる――。本稿は、中野京子「美貌のひと 歴史に名を刻んだ顔」(PHP新書)の一部を再編集したものです。

■不倫、嫉妬……ドラマティックな「女性」はなぜ美しいのか

並外れた美貌の持ち主には、ドラマティックな人生がまとわりついている――そう感じている人は多いかもしれない。つまり我々の心のどこかに、美貌それ自体が驚異であるからには、人生もまたそれに釣り合う非凡さであってほしいとの、奇妙な期待がある、一方で必ずしも現実がそうとは限らない。しかし絵画においてはドラマティックな人生を歩んだ、さまざまな「美貌のひと」が描かれている。その中から、2018年秋に“来日”する美女をひとりご紹介しよう。

ペテルブルクのネフスキー通りに無蓋馬車が停まっている。背筋をすっと伸ばして座る黒ずくめの女性と目があう。その瞬間、世界に存在するのは彼女ひとりとなり、背景は朝靄の中へみるみる消えてゆくかに思う……。

■不倫の果てに駆け落ちした『アンナ・カレーニナ』のアンナ

この「忘れえぬ女」という名作に描かれている美女には、曰くがある。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)