TOEIC 1年で200点上げた人の"勉強習慣"

TOEIC 1年で200点上げた人の"勉強習慣"

America First!口の動かし方はトランプ大統領を参考。ネーティブは顎に頼るのではなく、唇周りの筋肉を使う。(時事通信フォト=写真)

多くの企業で社員の英語力を測る基準として使われているTOEIC。短期間で点数をアップさせるには、自分の能力に応じた勉強方法を知ることが大切だ。5つのレベル別にポイントを解説しよう。第3回は「500点〜」――。※本稿は、雑誌「プレジデント」(2018年4月16日号)の特集「英語の学び方」の記事を再編集したものです。

■見た単語と聞く音には、相当なギャップがある

「500点から700点台は非常に伸びやすいスコア帯。正しい方法で勉強すればグングン伸びていきます」

と言うのは花田徹也氏。肝心なのは、リーディングの苦手意識にとらわれないことだという。どのスコア帯の人でも、リスニングよりリーディングの点数が低いことが多いのだから案じることはない。

「700点台になるまでリスニングとリーディングに充てる勉強時間の割合は、思い切って7:3ぐらいで構いません。リスニング対策として単語やフレーズを耳から学びつつ、その知識をリーディングにも反映すれば、自然と両方のスコアアップが期待できます」

リスニング強化で花田氏が強く推すのがリピーティングという手法だ。耳で聞いた英語を、そのまま繰り返すように声に出してみる。うまくできなければ、もう1度聞いて挑戦しよう。ここで注意したいのは、英語を聞く際にスクリプトや和訳を絶対に見ないこと。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)