「週末に温泉でゆっくり」はむしろ疲れる

「週末に温泉でゆっくり」はむしろ疲れる

写真=iStock.com/WestLight

仕事の効率化、上司とのランチ、勉強に運動……。その疲れの原因は脳にあった! 医師と心理学者が24時間の正しい過ごし方を解説。■「現代人は知らぬ間に自律神経を乱す生活をしている」

「人間をはじめとする生き物には体内時計が備わっています。このリズムに従ってその時間帯にふさわしい行動をとれば、同じことをしても、ほかの時間帯に比べて効率よくできるし、成績もよい。反対にこれに逆らえば効率も悪くミスをしやすくなります」

というのは千葉大学大学院人文科学研究院の一川誠教授だ。地球上の生き物は太陽が昇ったり沈んだりするのに合わせて、自分の体も同じリズムで活動するようになった。これを概日周期という。

「寝ているあいだ、私たちの体は代謝が落ちています。それが起床から徐々に上昇し、夕方頃ピークを迎える。ピークを過ぎると再び落ちて、就寝中に低下する。代謝の盛んな時間帯は人間の精神活動も活発になります」(一川教授)

たとえば記憶力は夕方に、論理力は午前中に高まるし、深夜から未明、午後の早い時間帯にはミスが発生しやすいという傾向がある。生き物としての本能に沿った行動をとると、自然と効率のよい働き方や休み方につながるのだ。

一方、「現代人は知らぬ間に自律神経を乱す生活をしている」と指摘するのが東京疲労・睡眠クリニックの梶本修身院長である。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)