"丸腰"で他人に投資の相談をする人の末路

"丸腰"で他人に投資の相談をする人の末路

※写真はイメージです(写真=iStock.com/itasun)

「お金」についてだれに相談するのがいいのか。ファイナンシャルプランナーの山崎俊輔氏は親族、金融機関、友人、お金のプロという4つのケースについて分析したうえで「他人の話をうのみにしがちな人は、どんな人に相談する場合でも注意が必要だ」と警鐘を鳴らす。相談相手を選ぶうえでの最大のポイントとは――。■銀行? 親? 友人? あなたは投資の相談を誰に頼むべきか

「あなたとお金の生存戦略」というテーマでお金のあらゆる問題を考える本連載。今回は「お金の相談相手は誰がいいのか」というテーマを取り上げます。

資産運用の相談相手として、銀行や証券会社はテレビCMなどを盛んに行っています。担当者の顔を思い浮かべた人もいるでしょう。

あるいは両親やきょうだいを思い浮かべた人もいるかもしれません。確かに両親を含む年長者の意見は、耳を傾ける価値があるような気がします。友人を思い浮かべた人もいるでしょう。中でも投資経験豊富な友人や金融関係の仕事をしている友人などは「使えそうだ」と思われたかもしれません。

さて、あなたはお金の相談を誰に頼むべきでしょうか。

■パターン1 親にするべき相談は「援助」に限定したほうがいいそれでは「親」や「兄弟姉妹」などの親族に資産運用について相談することは適当でしょうか。

私は基本的に親族へ相談するべきではないと考えます。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)