なぜ江戸町民は"1日40キロ"も歩けたのか

なぜ江戸町民は"1日40キロ"も歩けたのか

木寺英史氏(九州共立大学教授)

江戸時代の人々は1日30〜40キロ歩いていた。どうしてそんな長距離を歩くことができたのか。九州共立大学の木寺英史教授は「草履やわらじを履いていた頃の日本人は、地面にかかとがしっかりとついていた。ところが靴を履くようになって、つま先のあたりに圧力をかけるようになり、歩き方が変わってしまった」という。ノンフィクション作家のかじやますみこ氏が聞いた――。※本稿は、かじやますみこ『人生100年、自分の足で歩く 寝たきりにならない方法教えます』(プレジデント社)の第2章「正しく歩けば寝たきりは防げる」の一部を再編集したものです。

■「腕振り、大股歩き」は、実は身体に悪い

【かじやますみこ(ノンフィクション作家)】木寺さんは江戸時代以前の身体運動文化を研究され、その成果を歩行などの動作改善の指導にとり入れているとうかがいましたが、昔の日本人はどんな歩き方をしていたのですか。

【木寺英史(九州共立大学教授)】ひとことで言えば、昔の日本人は実に多様な歩き方をしていました。たとえば、武士、農民、町民など身分によって歩き方が違うし、職業や性別、年齢によっても違う。同じ人であっても、旅をするときと近所の散歩など、移動する距離や目的によって歩き方が変わるのは当たり前のこと。というのも、歩行はあくまで移動の手段だからです。いろいろと調べてみると、日本人は、その切り替えを無意識のうちにやっていたようなのです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)