コンクリ殺人の"鬼畜"を守る少年法の敗北

コンクリ殺人の"鬼畜"を守る少年法の敗北

『週刊新潮』(9/6号)の誌面。見出しは<新聞・テレビが報じない「少年法」の敗北 綾瀬「女子高生コンクリ詰め殺人」の元少年が「殺人未遂」で逮捕された>。

1989年、東京都・足立区綾瀬で起きた「女子高生コンクリ詰め殺人事件」。犯行グループ4人の1人が、今年8月、川口市の路上で殺人未遂事件を起こした。この事実を報じた『週刊新潮』(9/6号)は「少年法の敗北」と指摘している。綾瀬の事件で、犯行グループ4人は未成年だったため、少年法で守られていた。「鬼畜」のような犯罪者に対し、われわれはどう向き合えばいいのか――。■事件当時の『週刊文春』は犯人4人の実名公表に踏み切った

「野獣に人権はない」

1989年1月、東京都・足立区綾瀬で起きた「女子高生コンクリ詰め殺人事件」の犯人は、未成年の男4人だった。

被害者を誘拐・監禁して輪姦し、激しい暴行を加えて死なせたあげく、死体をドラム缶に入れコンクリートで固めて埋め立て地に遺棄するという“鬼畜”のような犯行であった。

被害者が美人だったこともあり、メディアは連日、彼女の顔写真と実名を出してプライバシーを執拗に報じた。

メディアスクラムのあまりのひどさに、被害者の父親がメディアに自粛を要請するという事態にまでなったのである。

一方、犯人の少年たちは「少年法」で守られ、実名を報じられなかった。だが、ここまで残虐な犯罪を行った人間を実名で報じないのはおかしいという声が高まり、『週刊文春』(1989年4/20号、以下『文春』=花田紀凱編集長)は、4人の実名公表に踏み切った。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)