富士通 全社員3.5万人テレワーク化作戦

富士通 全社員3.5万人テレワーク化作戦

富士通 社長 田中達也氏

これからビジネスマンはどう変わるべきか。「プレジデント」(2018年4月30日号)では、特集「いる社員、いらない社員」で、大企業のトップ29人に「人材論」を聞いた。今回は、富士通の田中達也社長のインタビューをお届けしよう――。■「優秀な人材を自分の部署で抱え込むな」

かつて国内パソコン市場を席巻していた富士通だが、現在では理化学研究所と共同開発した世界最高峰のスパコン「京」の技術をAIに応用するなど次世代技術の開発を急ぐ。

社内では、約3万5000人の全社員を対象にテレワーク(オフィス以外での勤務)を2017年4月から導入しており、国内では最大規模となる。上司の許可があれば、何度でも利用できる。

「ITを活用して働き方改革に挑むのは日本を代表するIT企業の責務だ」と田中達也社長は言う。

IT産業の土俵が加速度的なスピードで変わりつつある中、米国のIT大手との競争も激しさを増してきている。これから必要とされる人材とは。

──世の中が目まぐるしく変化する中、どんな人材を求めますか?

まず富士通という会社と、その中での自分を客観的に見られることが重要です。これだけ世の中の変化が激しいと自分の中に軸を持ちながら、客観的に自分を見られる力が必要です。もう1つは変革意欲のある人。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)