東京駅で高齢者待つ"黄ジャンパー"の商売

東京駅で高齢者待つ"黄ジャンパー"の商売

出迎え・送迎・同行サポートをする松下さんにとって東京駅は自分の仕事場だ。「社会的意義のある事業として、世の中に広く浸透させていきたい。そのためには細くてもいいから、長く続けていく考えです」と力強く語ってくれた。

定年後の60〜74歳までの15年間は、元気で好きなことができる「人生の黄金期間」。このとき充実した第2の人生を送るには、50代から準備しておくことが重要だ。8人の実体験をお伝えしよう。7人目は「月収は6万8000円とアルバイト収入」という57歳のケースについて――。※本稿は、雑誌「プレジデント」(2017年11月13日号)の特集「金持ち老後、ビンボー老後」の記事を再編集したものです。

■東京駅到着の「地方の高齢者」を出迎えて東京案内サービス


----------
松下正宏さん 57歳 ベルサポ社長
開業:2014年 形態:株式会社 資本金:50万円 従業員:1人 月収:6万8000円とアルバイト収入


----------
東京駅の新幹線ホーム。黄色のジャンパーを着た松下正宏さんが、降りてくるお客を出迎える。

「熊本出身だからわかるのですが、地方から東京に来るというのは非常にハードルが高い。人が多く、交通機関は複雑で、高齢者は不安に思う。そうした“旅行困難者”を手助けしたいという思いから2014年4月に起業しました」

出迎え・送迎・同行サポートを提供する「ベルサポ」設立の経緯を松下さんが説明する。具体的な事業の柱は地方在住の高齢者の東京観光を支援するもの。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)