バブル世代が"カルピス"の虜になった理由

バブル世代が"カルピス"の虜になった理由

8月4日に本屋B&B(東京・下北沢)で行われた対談イベントの様子。壇上は星野博美氏(左)と山川徹氏。

日本人の誰もが飲んだことのあるカルピス。特にバブル世代は、幼少期に『ムーミン』『ハイジ』『フランダースの犬』といったアニメを「カルピス名作劇場」で見ており、ブランドが浸透している。自らを「カルピス世代」と称す作家・星野博美氏とカルピス社創業者・三島海雲の評伝を書いた山川徹氏。2人の濃厚な「カルピス談義」をお届けしよう――。※本稿は、8月4日に本屋B&B(東京・下北沢)で行われた対談イベントの内容を再構成したものです。

■カルピスはモンゴルの乳製品をヒントに作られた

【山川】カルピスは日本人の99.7%が飲んだという調査もあり、国民飲料とも呼ばれたぐらい日本人になじみが深いですけど、星野さんの作品にもカルピスが出てきて、驚きました。

【星野】え、ホントですか? どの本に書いていましたっけ?

【山川】『コンニャク屋漂流記』(文藝春秋)です。「コンニャク屋」と呼ばれる漁師の一族だった星野さんご自身のルーツをたどる旅のあとがきで、3.11で被災した親戚のお姉さんたちとの思い出を次のように書いていました。

〈黒光りしたアパートの階段。廊下の隅にもうけられた共同炊事場。お姉さんがいつも出してくれるカルピス。年の離れたお姉さんが2人できたみたいで、嬉しくてたまらなかったのだ〉
星野博美『コンニャク屋漂流記』(文藝春秋)【星野】ホントだ! 忘れていたので、びっくりしました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)