東京五輪、サマータイム導入なら"選手は地獄" 注目カードはイブニングセッション集中

東京五輪、サマータイム導入なら"選手は地獄" 注目カードはイブニングセッション集中

記事まとめ

  • 東京五輪の競技日程の大枠が決まり、「サマータイム」導入に注目が集まっている
  • 時計を2時間早める「サマータイム」導入で夕方は2度以上も気温が上がるとみられている
  • 注目カードはイブニングセッションに集中、サマータイムはほとんど意味がないと指摘も

サマータイムなら東京五輪は"選手の地獄"

サマータイムなら東京五輪は"選手の地獄"

※写真はイメージです(写真=iStock.com/vitacopS)

東京五輪の競技日程の大枠が決まった。競技が行われるのは、主に「朝」と「夕方」。もし時計を2時間早める「サマータイム」が導入されれば、朝の試合は涼しくなる一方、夕方は2度以上も気温が上がるとみられている。スポーツライターの酒井政人氏は「暑さはアスリートの最大の敵。導入のメリットは薄く、リスクのほうが大きい」と警鐘を鳴らす――。■「サマータイム=涼しくなる」は正しくない

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向け「サマータイム」の導入が検討されている。その理由は「暑さ対策」だといわれているが、果たして本当に効果はあるのだろうか。

東京オリンピックのマラソン(レース日は女子が8月2日、男子が同9日)を例に考えてみよう。サマータイムが導入されれば、スタート時間は午前7時から、もっとも涼しい午前5時となり、日が高くなる前にレースを終えることができる。

今年8月2日、東京の最高気温は36.5度だった。午前7時は29.2度で午前9時は32.7度だったが、サマータイムで2時間早まれば、午前5時は28.4度、午前7時は29.2度と終盤の気温は3.5度も下がる。ここだけを切り取れば、暑さ対策としての効果はあるだろう。

しかし、「サマータイム=涼しくなる」というイメージは正しくない。

通常、夏に開催されるオリンピックや世界選手権は、どの競技も「暑さ」を避けるために、日差しの強い時間帯(13〜16時頃)には試合を中断して、モーニングセッション(午前中)とイブニングセッション(夕方以降)にわけて行われる。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)