安倍晋三首相「プーチン大統領と関係良好」と自慢 ロシア側は北方領土巡る主張曲げず

安倍晋三首相「プーチン大統領と関係良好」と自慢 ロシア側は北方領土巡る主張曲げず

記事まとめ

  • 9月10日の日露首脳会談ではプーチン大統領が遅刻し、安倍首相を2時間以上待たせた
  • 北朝鮮問題などで連携を確認したが、ロシアは北方領土問題について主張を堅持
  • 産経新聞は露を批判、朝日新聞は安倍首相を批判、読売新聞は安倍政権を擁護した

安倍首相が遅刻魔プーチンを怒れない事情

安倍首相が遅刻魔プーチンを怒れない事情

2018年9月12日、ロシア・ウラジオストクでの東方経済フォーラムの全体会合で話す(左から)安倍晋三首相、中国の習近平国家主席、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領(写真=時事通信フォト)

■「仲が良い」というより、馬鹿にされている

これまで安倍晋三首相は「プーチン大統領との関係は良好だ」と自慢していた。しかし9月10日の日露首脳会談を見ていると、本当だろうかと疑いたくなる。北方領土問題を巡り、ロシア側にこれまでの主張を曲げる様子がみられないからだ。

しかも安倍首相が予定通りにウラジオストクに到着したにもかかわらず、プーチン氏は2時間40分も遅刻して現れた。その間、安倍首相はひたすら待ち続けた。「仲が良い」というより、馬鹿にされている。

もっともプーチン氏は「遅刻常習者」として世界中に知られている。これまでの安倍首相との会談でも、何度も遅刻してきた。被害者は安倍首相だけではない。日本以外の世界各国の首脳との会談でもよく遅刻している。

■むしろプーチン氏に揺さぶられている

10日夜、安倍首相はロシア極東ウラジオストクでプーチン大統領と会談した。

海産物養殖など5つの項目を対象にする北方領土での共同経済活動のロードマップ(行程表)で合意した。日本が調査団を10月初めに派遣することでも一致した。北朝鮮問題では非核化実現への連携を確認した。

両首脳の会談は5月のモスクワ以来で、第1次安倍政権時代を含めて22回目となった。

だが、ロシア側は肝心の北方領土問題解決と平和条約締結で「北方四島は自国領」との従来の主張を堅持したままである。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)