外資コンサルOBの年金収入は毎月37万円

外資コンサルOBの年金収入は毎月37万円

外資系企業OB 三浦吾郎さん(仮名)

会社を定年退職すると、「退職金」と「企業年金」は、一体いくらもらえるのか。実態を探るため、今回3人の年金生活者に詳細を聞いた。第2回は外資系企業OBで69歳の三浦さん。毎月の収入37万円の内訳とは――。※本稿は、雑誌「プレジデント」(2018年1月1日号)の特集「老後に困るのはどっち?」の記事を再編集したものです。


----------
外資系企業OB
三浦吾郎さん(仮名)69歳
大学卒業後、出版社に入社。その間に米国の大学院で修士号を取得。38歳で渡米し、米国企業に勤務し、バイスプレジデントを経て外資系日本法人の経営コンサルタント会社に転職。14年間勤務し、66歳で引退。
----------
■お金がないと、夫婦仲もわるくなる

「老後の生活費として1億円の貯蓄が必要とよくいわれます。でもそれだけあっても毎年500万円を取り崩していくと20年でなくなる。大事なのは毎月5万円なり10万円を生み出していくような投資の設計を自分で考えること。そうしないと人間は気持ちに余裕がなくなり、大体夫婦仲もわるくなります。女性はお金に敏感ですから」

三浦さんは投資のポイントをこう語る。日本の出版社を退職後38歳で渡米。約10年間米国企業に勤務後、外資系日本法人の経営コンサルタント会社に転職。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)