橋下徹氏が『まん防』の略称に言及 緊急事態宣言などの感染対策は『催眠術』とも指摘

橋下徹氏が『まん防』の略称に言及 緊急事態宣言などの感染対策は『催眠術』とも指摘

記事まとめ

  • まん延防止等重点措置の略称『まん防』に「ふざけている感じがする」との声が出ている
  • 橋下徹氏は、このような呼び方・メッセージにこだわる考え方に警鐘を鳴らしている
  • 緊急事態宣言も催眠術のようなもので、国民も宣言自体で効果が出ると錯覚するという

橋下徹「なぜメッセージに頼る感染対策は『催眠術』なのか」

橋下徹「なぜメッセージに頼る感染対策は『催眠術』なのか」

橋下 徹『大阪都構想&万博の表とウラ全部話そう』(プレジデント社)

政府は新型コロナ感染症の第4波が疑われる大阪府や兵庫県、宮城県を対象に「まん延防止等重点措置」の適用を開始した。メディアでは早速、「まん延防止等重点措置」を「マンボウ」と省略して呼んだり、それでは「ふざけている感じがする」として別の呼び方を提唱したりする意見が交わされている。だが、ここで問われるべきは名称ではなく、内容である。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(4月6日配信)から抜粋記事をお届けします。■「まん延防止」と呼ぶだけで感染拡大は抑えられるか

年初からの緊急事態宣言が全都道府県で解除されたが、大阪府をはじめ各地で新型コロナ感染症感染拡大の「第4波」とみられる動きが確認できたため、政府は大阪府などに新型コロナ特措法に基づく「まん延防止等重点措置」の適用を決めた。これにより、大阪市内の飲食店への時短要請を現状の「夜9時まで」から「夜8時まで」に変更、また大阪府民に対し「4人以下でのマスク会食の徹底」などを求めることになった。

この流れの中で、まん延防止等重点措置という名称が長いので「マンボウ」という呼び方が広まったが、それでは「ふざけている感じがする」「軽い感じがする」という理由から、「マンボウ」の呼び方を止めて「まん延防止」という呼び方にしようという動きが、政治行政やメディアの中で出てきた。

しかし、この考え方こそが危ない。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)