利益も少なく販路もゼロ…そんな事業がサムスンを世界一の半導体メーカーに変えた

利益も少なく販路もゼロ…そんな事業がサムスンを世界一の半導体メーカーに変えた

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Woodkern

サムスン電子常勤顧問のクォン・オヒョン氏は、周囲の反対を押し切って携帯電話用のCPU事業を存続させた。その判断の結果、サムスンのCPUはiPhoneに使用されることになったが、成功したにもかかわらずひとつの“判断ミス”を悔やんだという――。※本稿は、クォン・オヒョン著『ナメられない組織の作り方』(KADOKAWA)の一部を再編集したものです。

■社長就任後すぐに難しい判断を下すことに

2004年にサムスン電子システムLSI事業部の社長に就任したときの話です。就任するやいなや、私は選択と集中の原則に基づいて五つの主要な事業部門だけを残し、他のすべての事業を停止するという難しい決断を下さねばなりませんでした。

デジタルTVに搭載するCPU事業を存続させることについてはみなの同意が得られました。サムスン電子もTVを生産していますし、努力を重ねれば最高の競争力を持つ半導体を作ることができると判断できたからです。

しかし、モバイルデバイス(主に携帯電話)に搭載するCPUのApplication Processor、AP事業を存続させると言ったときには予想外の反発を受けました。

そのころ、サムスン電子のモバイルデバイス用CPUの生産規模は世界10位にとどまっていました。収益も極めて僅かで、実際のところ、製品として製造してもすぐに販売できる場所さえない状態でした。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)