話題沸騰NFT市場ではなぜツイッターCEOのつぶやきが3億円で売れるのか

話題沸騰NFT市場ではなぜツイッターCEOのつぶやきが3億円で売れるのか

2021年3月10日に6930万ドル(約75億円)の値が付いたビープルのデジタル作品「Everydays:The First 5000 Days」 - 写真=AFP PHOTO/CHRISTIE'S AUCTION HOUSE/HANDOUT/時事通信フォト

「初ツイートが3億円」「アバターの家が5000万円」……。何でも簡単にコピーできてしまうデジタルの世界で、そのオリジナルを売買できるNFTが話題だ。なぜツイートに高値がつくのか、NFTとは何なのか、ジャーナリストの大門小百合さんが解説する――。■大坂選手を描いた作品に2000万円

最近、アメリカのテニス関連のウェブサイトで、大坂なおみ選手に関するこんな記事を見つけた。「Naomi Osaka enters NFT space with sister Mari(大坂なおみ、姉のまりと共にNFT分野に参入)」

NFTとは、世界のさまざまなクリエーターたちが自分たちの作品を売り出す手段として注目しているNFT(Non-Fungible Token、非代替性トークン)のことで、デジタル資産の一種だ。今回のニュースは、姉のまりさんが大坂なおみ選手を描いた「The colors of Naomi Osaka 」というアート作品集が、NFTとして出品されたという話だ。そのうち一つは、20万ドル(約2100万円)の値が付いた。また、最後の6枚目の作品は、1枚につき5ドルで抽選され、すべての収益は彼女が作った女性アスリートを支援するための「Play Academy」という団体に寄付されるという。

今年に入ってから、NFT関連のニュースが世界で続いている。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)

×