病気、ケガ、希望退職…意外と知らない「会社員が申請だけでもらえるお金」リスト

病気、ケガ、希望退職…意外と知らない「会社員が申請だけでもらえるお金」リスト

"申請だけでもらえる金"解説

病気、ケガ、希望退職…意外と知らない「会社員が申請だけでもらえるお金」リスト

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Szepy

会社員が申請するだけで受け取れるお金、申請しないと受け取れないお金は少なくありません。コロナ禍で条件が緩和されているものもあります。モレなく受け取るための方法をファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんに解説してもらいました――。■病気やケガで4日以上仕事を休むと傷病手当金が受け取れる

会社員は、給与から社会保険料などを差し引かれていますが、代わりにさまざま保障を受けることができます。中には手続きをしないと受け取れないものもありますので、どんな時にどんな保障が受けられるか、把握しておくことが大事です。

最初に健康保険に関する制度を紹介します。

まず、病気やケガで会社を休んだときには傷病手当金を受け取れます。受給するには次の4つの条件を満たす必要があります。

@業務外の病気やケガである(業務内の場合は労災の対象)
A仕事ができないこと
B連続する3日を含み4日以上働けないこと
C休んだ期間、会社から給与の支払いがないこと傷病手当金が支給される期間は、最長1年6カ月です。支給額は過去12カ月の平均賃金の日額×3分の2です。傷病手当金は申請しないと受け取れないので注意してください。

医療費自己負担の限度額が月2万円の健保も

次に、病気やケガで治療をしたときの医療費について。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)

×