代替肉、培養肉、ゲノム編集魚…「不自然な肉」を食べる時代がまもなく到来する

代替肉、培養肉、ゲノム編集魚…「不自然な肉」を食べる時代がまもなく到来する

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/hironosov

世界規模での人口増や気候変動がこのまま進めば、食料不足がやってくる。とくに食肉は消費量が増えても、供給量を増やせず、需給の逼迫が予測される。そこで注目されているのが「代替肉」や「培養肉」など、人工的につくった肉だ。元日本マイクロソフト社長の成毛眞さんは「2040年には世界の肉の60%が、動物本来の肉ではなく、培養肉や植物からつくられた人工肉に代わる」という――。※本稿は、成毛眞『2040年の未来予測』(日経BP)の一部を再編集したものです。

■人口が増えて、食肉が足りなくなる

日本の人口は減少しているが、世界規模では人口増加が続く。1950年に26億人だった世界の人口は2020年には78億人になった。そして、2040年には90億人に達するシナリオもある。

そこで問題となるのが食料だ。途上国が経済成長をすると、食生活はどう変わるか。

それは、肉を食べるようになることだ。

世界の食肉の消費量は、2000〜2030年の間にそれまでのおよそ70%、2030〜2050年の間にさらに20%拡大すると予測されている。しかし、農地や畜産など食料生産に使える土地は限られている。牛肉1キロの生産に必要な穀物は、8キロ程度だ。

氷に覆われていない地球の土地の4分の1は、すでに家畜用の牧草地だという。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)

×