トヨタ生産方式の真髄とは「靴ひもの結び方を口で説明すること」である

トヨタ生産方式の真髄とは「靴ひもの結び方を口で説明すること」である

アルゼンチン・ブエノスアイレス州サラテ市のトヨタ自動車工場で働く作業員ら=2021年3月15日 - 写真=EPA/時事通信フォト

トヨタ自動車の強みは「トヨタ生産方式」にあるといわれる。その特徴とはなにか。文筆家の松浦弥太郎さんは「『トヨタ物語』(日経BP)に、『靴ひもを結べるかい。じゃあ、今度はそれを口で説明してくれるかい』という言葉が出てくる。ここにトヨタ生産方式の強さがあると思った」という。ノンフィクション作家の野地秩嘉さんが聞いた――。※本稿は、野地秩嘉さんのnote「松浦弥太郎氏がトヨタの強さから得たもの(前編)|『トヨタ物語』続編連載にあたって 第13回」の一部を再編集したものです。完全版はこちら。

■「友達3人にも送りました」

??このたびはドキュメンタリー映画の初監督作品『場所はいつも旅先だった』の劇場公開が決定したそうで、おめでとうございます。

【松浦】ありがとうございます。世界5カ国・6都市を旅しながら撮影してきました。2021年10月29日から公開予定です。

??作品にはきっと車が出てくるのでしょう。松浦さん、ポルシェが好きだから。

【松浦】ポルシェではありませんが、マルセイユのタクシードライバーが出演しています。

??各国の車の話も面白そうですが、今日はトヨタのお話を。

【松浦】野地さんと知り合ったのは数年前になりますか。親しい知人の紹介で、まあ3人でいろいろな話をする機会があって、それから半年に1度くらいの感じでごはん食べに行ったりとか……。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)

×