【東京五輪】天皇陛下の開会宣言に異例の覚悟が込められていたとコラムニストが推測

記事まとめ

  • 天皇陛下は開会宣言で、五輪憲章に書かれた「祝う」ではなく「記念する」と宣言した
  • 「運営は心配ですが選手は応援します」との思いがあったとコラムニストが推測している
  • 対照的に、バッハ会長からは緊張感は感じられず、自己陶酔しているように見えたらしい

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております