中国への『頭脳流出』問題も影響して日本人のノーベル賞学者が激減する恐れ

記事まとめ

  • 日本はノーベル賞受賞ラッシュが続いており、21年も物理学賞に真鍋淑郎氏が決まった
  • しかし、日本は研究力低下という問題を抱え、ノーベル賞学者が激減する恐れがある
  • 一方、中国はグローバル化を利用しており、日本から移籍した藤嶋昭氏も注目されている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております