「優秀な経営者には真似できない」世界の山ちゃんを過去最高売上に導いた元専業主婦の"意外な手法"

「優秀な経営者には真似できない」世界の山ちゃんを過去最高売上に導いた元専業主婦の"意外な手法"

エスワイフードの山本久美代表取締役 - 撮影=山本典利

人生には「想定外」が起きることがある。居酒屋「世界の山ちゃん」を展開するエスワイフード代表取締役の山本久美さんもそんな経験をした一人だ。創業者で当時会長を務めていた夫の山本重雄さんが2016年に急逝。その直後に同社を率いることを決意した。当時は専業主婦、民間企業は未経験、それでも決断できたのはなぜなのか。話を聞いた――。■「誰かに経営を任せてしまうのは、無責任だと思った」

幻の手羽先を食べたことはなくても、「世界の山ちゃん」の看板を見たことがない人は少ないだろう。そして、あの1度見たら忘れられない看板のイラスト=鳥男のモデルである山本重雄さん(世界の山ちゃんの創業者・エスワイフード前会長)が、2016年8月に急逝したことを知っている人もまた、少ないかもしれない。

さらに言えば、重雄さんの後をついでエスワイフード(世界の山ちゃんの経営母体)を率いているのが、重雄さんの妻の山本久美さん(エスワイフード代表取締役)であることを知っている人は、あまりいないのではないだろうか。ちなみに当時の久美さんは、小2、中1、中3と3人の子供を抱えた専業主婦だった。

会長だった重雄さんが亡くなった直後の9月2日、経営を引き継ぐ「決意表明」をした時の心境を、久美さんはこう語る。

「私はイベントがある時ぐらいしか会社に顏を出さなかったので、社員のみなさんの動きもわからなかったし、会長も次期社長候補を決めてはいなかったので、とにかく何もわからない状態でした。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)