「天王洲で2000円ランチに舌鼓」人気No1企業JTBが凋落したコロナ以外の原因

「天王洲で2000円ランチに舌鼓」人気No1企業JTBが凋落したコロナ以外の原因

旅行大手JTBのロゴマーク=2020年6月25日、東京都品川区の同社本社 - 写真=時事通信フォト

JTBがコロナ禍で苦境に立たされている。2021年3月期には過去最悪の最終赤字を計上、9月には東京都品川区の自社ビルを売却するに至った。金融アナリストの高橋克英さんは「JTBが業績悪化に陥った原因は、コロナ禍だけではない。それ以前から抱えていた問題がある」という――。■2021年卒の大学生就職人気はNo1

「マイナビ・日経 2021年卒大学生就職企業人気ランキング」(有効回答3万630名)の文系総合で首位だったのがJTBグループだ。2位全日本空輸(ANA)、4位日本航空(JAL)に加え、11位エイチ・アイ・エス(H.I.S.)、18位近畿日本ツーリストと、その知名度とグローバルなイメージの良さもあり、旅行・航空業界の企業が上位を独占していた。

ところが、今年4月に発表された2022年卒版(有効回答4万1093名)では、東京海上日動火災保険がトップ、2位第一生命保険、3位味の素となり、コロナ禍により、旅行・航空業界の企業が軒並みランクを下げた。JTBグループは、前年度トップから35位にまで凋落。JALは45位、ANAは64位。H.I.S.と近畿日本ツーリストに至っては100位圏外となった。なお、JTBグループでは、障がい者を除き、2022年度新卒採用を中止している。

2021年卒の調査が行われたのは2019年12月〜2020年3月、2022年卒の調査が行われたのは、2020年12月〜2021年3月だ。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)