公明党がマニフェストで中国批判 親中姿勢に変化が見られるも限界が生じる可能性

記事まとめ

  • 公明党、およびその設立母体である創価学会は日本屈指の親中団体として知られてきた
  • 創価学会内部には『日中国交正常化は池田大作先生の功績』という史観が存在している
  • そのため、公明党が公約で中国批判をしたが、対中姿勢の変化には限界が生じるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております