BTSのナチ風衣装を叩く人こそ危険なワケ

BTSのナチ風衣装を叩く人こそ危険なワケ

韓国の男性音楽グループBTS(防弾少年団)(写真=AFP/時事通信フォト)

韓国の男性音楽グループBTS(防弾少年団)が、ナチスのマーク入りの帽子をかぶっていたとして、SNSで炎上し、謝罪に追い込まれた。この騒動を「歴史を知らない世代の軽率な行動」とだけで片づけてはいけない。近現代史研究家の辻田真佐憲氏は「SNSでのバッシングこそ時にファシズム的だ。“ナチス風”が繰り返し模倣される理由を考えるべきではないか」と指摘する――。■ナチスの意匠はなぜ愛好され続けるのか

ナチス・ドイツの意匠があらためて注目を集めている。

先日のBTSの騒動については、繰り返すまでもないだろう。メンバーのひとりが過去にかぎ十字などナチスのマークをあしらった帽子をかぶっていたとして、所属事務所が謝罪に追い込まれたというものだ。

2016年に、欅坂46の「ナチス風衣装」が話題になったことも記憶に新しい。こちらは、ナチスのマークそのものではなかったものの、やはり同じように所属事務所が謝罪するに至った。

もっとさかのぼれば、2011年に氣志團がテレビ番組で「ナチス風衣装」を着たことや、2005年に英国のヘンリー王子が仮装パーティーでかぎ十字の腕章を着けたことなども挙げられる。こうした事例は、群小のものを含めば、枚挙にいとまがない。

ナチスの意匠は叩かれているのに、なぜかくも愛好され続けるのだろうか。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)