中国では移植目的で死刑囚処刑も 「死刑囚ドナー」でアメリカに次ぐ「移植大国」に

中国では移植目的で死刑囚処刑も 「死刑囚ドナー」でアメリカに次ぐ「移植大国」に

記事まとめ

  • 中国の南方科技大学の賀建奎博士が「遺伝子を改変して双子を誕生させた」と発表した
  • 世界的なドナー(臓器提供者)不足といわれるなか、中国はアメリカに次ぐ"移植大国"に
  • 死刑囚を故意に脳死にして、その体から心臓や肝臓、腎臓などを移植しているという

移植目的で死刑囚を殺す中国の歪んだ倫理

移植目的で死刑囚を殺す中国の歪んだ倫理

2018年11月28日、講演で「遺伝子改変を行ったヒトの双子を誕生させた」と発表した中国の賀建奎・南方科技大学副教授。(写真=AFP/時事通信フォト)

■「HIV感染を防ぐために必要な遺伝子の改変だ」と主張

香港で開催されたゲノム編集の国際会議「ヒトゲノムサミット」で、中国の研究者が「受精卵の遺伝子を改変して双子の赤ちゃんを誕生させた。双子の名前はルルとナナだ」と衝撃的な発表を行った。

HIV(エイズウイルス)に感染した男性と、感染していない女性との間の受精卵を操作し、生まれた赤ちゃんにHIVに感染しにくい体質を持たせたというのだ。

中国の研究者は「ゲノム編集技術を人に施した世界初の成果で、HIVの感染を防ぐために必要な遺伝子の改変だ」などと主張したが、会議に出席していた世界中の研究者は「安全性と倫理面で大きな問題だ」と一斉に批判した。

この中国の研究者の行為は強く批判されるべきである。なぜならゲノム編集技術は、外見や体力、知能を親が望むように作り上げる「デザイナーベビー」の誕生につながるからである。

発表したのは、中国の南方科技大学の賀建奎(フォージエンクイ)博士(副教授)。賀氏の発表は11月28日に行われたが、同サミットは翌29日に「深い憂慮を感じる。国際的な基準に合致していない。無責任で透明性に欠ける」との声明を出して閉幕した。

■ゲノム編集ベビーを「作り話」と疑う専門家はいなかった

全国紙の社説の中で賀氏を真っ先に批判したのが、11月29日付の毎日新聞だ。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)