いつも家が散らかっている人の冷蔵庫に必ず入っている"ある食べ物"

逆に入りきらず、容器を2個使うこともありますが、それもOK。

整理用ボックスに入れたら、蓋を探す手間もスッキリ解消しました。

■「冷蔵庫を見れば一目瞭然」家がきれいな人は収納がうまい

種類があると「便利」に思えるモノは、ついつい数を買い込みがちです。でもそれが、かえって手間を増やしてしまうこともあるんです。

たとえば食品ストック。ストックしておくほうがいざ買い物に行けなかったときに「便利」で「安心」という心理が働きますが、実はこれが暮らしのプチストレスを生んでいます。

買い過ぎを防ぐためには、どのくらいストックがあるのか記憶しやすくすること……なんですが、引き出しや棚にいろいろな食材がギュウギュウに詰まっていると、全体の量が分かりにくいですよね。

パッと見たときに何がどれだけあるか把握できず、ついなかったような気がして、また買ってくるということが起きてしまいます。

「引き出しに入れようと思ったら、あ! 同じモノがあった! 1つならまだしも2つもあった! しかも賞味期限が切れている……」

これだけでもう、うんざりですよね。

この時期、年末年始に向けた買い出しという面倒な作業があります。収納スペースの確保のためにも、食品ストックを整理するきっかけにしてはいかがでしょうか。

関連記事(外部サイト)