いつも家が散らかっている人の冷蔵庫に必ず入っている"ある食べ物"

掃除のハードルが劇的に下がりました!

1階から2階に掃除機を運ばなければならないと思うだけでどんよりしていましたが、それぞれの階に置くだけでこんなにも掃除をする気になれるんだ、と自分でも驚きです。

■置く場所を決めていれば、道具は出しっぱなしでいい

「やろう!」と思ったときに、そのための道具を取りに行く動作、かかる時間を考えただけで、やる気を失っちゃいますよね。

コロコロや、クイックルハンディが、さっと手にとれる場所にあったら、「ちょっとやるか」という気になるものです。

だから、手にとりやすくて戻しやすいリビング・ダイニングの真ん中に出しっぱなしにしています。

洗面所は髪が落ちたりしてまめに掃除をしたい場所ですが、床にモノがあるといちいちどかさなければならなくて、これもまた面倒です。

そこで、吊るせるモノはなんでも吊るすことにしました。この「吊るす」という技が掃除をしやすくするポイントです。

もちろん掃除用のコロコロも吊るしています。それから、スポンジホルダーとスポンジをガラス面に貼り付けて、ビニールの手袋もお風呂場のドアに引っ掛けるようにしました。

「出しっぱなし」と聞くと、散らかった部屋をイメージすると思いますが、大丈夫です。

関連記事(外部サイト)