「このままでは日本経済は腰折れ必至」政府は後手後手のコロナ対策を何度繰り返すのか

「このままでは日本経済は腰折れ必至」政府は後手後手のコロナ対策を何度繰り返すのか

「このままでは日本経済は腰折れ必至」政府は後手後手のコロナ対策を何度繰り返すのかの画像

足腰フラフラの日本経済をオミクロン株が襲っている。経営コンサルタントの小宮一慶さんは、「政府はワクチンや経口薬の入手で手間取っています。医療関係者から『重症化率は低くても感染者数が増えると医療は逼迫する』と言われて再び過度な規制に走れば、ようやく回復基調にあった日本経済は腰折れ必至です」という――。■2021年7〜9月までは足踏みの日本経済

年明け以降、新型コロナウイルスのオミクロン株の猛威が日本を襲っています。欧米では、日本より先にオミクロン株が猛威をふるいました。米国では昨年から感染者が増え始め、最近では1日で100万人もの感染者を記録する日もあります。英国やフランスでも、多い日には数十万人の新規感染者の報告があります。日本では、この原稿を書いている時点(1月14日)では2万人弱ですが、今後大幅な感染拡大が懸念されています。

心配なのは、欧米経済に回復が出遅れている日本経済が、「第6波」とも言われ始めたこのコロナウイルスの新たな拡大で、腰折れがはっきりすることです。

先のこの連載でも説明しましたが、2021年の日本の実質GDP成長率は、1〜3月がマイナス2.9%、4〜6月がプラス2.0%、そして7〜9月がマイナス3.6%と、マイナス、プラス、マイナスと足踏み状態が続いています。

一方、ユーロ圏や米国、中国、台湾、シンガポールなどで7〜9月がマイナスの地域や国はありません。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)