未経験の部門で、いきなり管理職になった私が成功したマネジメントのコツ2つ

未経験の部門で、いきなり管理職になった私が成功したマネジメントのコツ2つ

三井不動産ビルディング本部 法人営業二部法人営業グループ グループ長 細田知子さん

入社22年目の春、まったく未経験の部署のグループ長に突如抜てきされた細田さん。部下が全員自分よりも経験豊富な中、細田さんの行うマネジメントとは――?■「今までにないものをつくる」気概に引かれ取引先に転職

思いがけない辞令を受けたのは2021年4月。ビルディング本部の法人営業グループへ異動、しかもグループ長に昇進と知って、気が動転する。

「オフィスビルの営業は当社の中でも歴史ある部署です。経験の長い方たちが多く、初心者である私にグループ長が務まるだろうかと……」

三井不動産で働いて20年。細田さんは契約社員からスタートした。新卒で入った内装デザイン会社で、三井不動産が手がけるららぽーとのリーシングに関わる。そこで同社の商業施設プロジェクトで契約社員を募集すると声をかけられ転職を決意。

「夢があると思いました。新しい商業施設でお店を誘致する仕事に引かれ、今までにないフードコートをつくろうという気概も感じたのです」

ららぽーとの事業はどんどん大きくなった。夢中で働いて8年経つ頃、上司に中途採用があるから受けてみたらと勧められ、総合職に転換した。その後、結婚して第1子を出産。育休から復帰した細田さんに最初の異動があった。日本橋街づくり推進部で、地元と一体になって日本橋再生のプロジェクトに携わることに。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)