「社長からのスタンプが正直しんどい」中小企業で起こりがちな"LINEハラスメント"の傾向と対策

「社長からのスタンプが正直しんどい」中小企業で起こりがちな"LINEハラスメント"の傾向と対策

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/fizkes

LINEを連絡ツールとして利用する職場で、いじめやパワハラなどのトラブルが起きることがある。特定社会保険労務士の大槻智之さんは「LINEの“ノリ”には人によって温度差がある。業務利用するのであれば、業務時間外には使わないなどのルールを定めるべきだ」という――。※本稿は、大槻智之『働きやすさこそ最強の成長戦略である』(青春出版社)の一部を再編集したものです。

■社長が書き込むと社員が一斉に「勉強になります!」

「スタンプが嵐のように押されると正直しんどいです」

Hさんはうんざりした表情で語り始めました。「まだ立ち上げて3年にも満たないベンチャー企業ですから社長との距離が近すぎるんですよね」。

Hさんが勤めるのは東京都港区にある社員数20人のIT企業。業績の伸びに伴い、社員のうち10人以上はここ1年以内に入社したばかりで、Hさんもそのうちの1人です。入社してまもなくアプリ開発のチームに配属されたHさんは、上司からLINEのIDを求められ、ほどなくしてチームのLINEグループに入れられたそうです。

この会社には会社全体に加えて、チームごとにLINEのグループが設定され、社長以下の役員3人はすべてのLINEグループに入っているそうです。「業務としてルールを決めて使う分には非常に効果的だと思うんですよね」とHさんもLINEグループをツールとして評価しています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)