夫に代わり朝鮮を牛耳った独裁王妃の末路

夫に代わり朝鮮を牛耳った独裁王妃の末路

閔妃肖像(写真=Bridgeman Images/時事通信フォト)

19世紀後半の韓国(朝鮮)を率いていた王妃・閔妃(びんひ)は、女性独裁者として政治を思うがままに動かしていました。自分に従わない者は容赦なく弾圧し、処刑もためらわない恐怖政治。同時代を生きた福澤諭吉はそんな朝鮮を「地獄」と呼び、国交を断絶すべしと『脱亜論』に著します。日清戦争やロシアの三国干渉など、歴史的な出来事にも関わっている閔妃の狂気ぶりを振り返り、昨今の日韓関係を考えます。■福澤は朝鮮を「妖魔悪鬼の地獄国」と言った

昨年の12月20日、日本海において、韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP‐1哨戒機に対して火器管制レーダーを照射しました。これに対し、韓国は説明を二転三転させた挙げ句、海自機が「威嚇的な低空飛行」をしたとして、日本に謝罪を求めました。昨今、徴用工判決などをはじめ、日韓関係に重要な影響が及んでいます。

134年前、朝鮮(李氏朝鮮)と日本との関係の軋轢の中で、一つの結論を導き出したのが福澤諭吉でした。福澤は中国に属国支配されていた朝鮮を憐れみ、金玉均(きんぎょくきん)ら若い改革派朝鮮人の独立運動を支援していました。彼らは日本の明治維新のような近代化を朝鮮で断行するべきという理想に燃えていました。

金玉均は1884年、朝鮮王朝に対し、改革クーデターを起こしますが、失敗。日本に亡命をして、福澤の庇護を受けます。その後、金玉均が上海へ赴いた際に、朝鮮王朝の刺客によって、暗殺されます。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)